投稿

3月, 2018の投稿を表示しています

桜満開の今、気づいたこと

桜満開の今、気づいたことがある。 東京で見た桜も、高松で見る桜も同じだ、ということ。 都会に咲く桜も、地方に咲く桜も美しさに差はないという事実。 何だか勇気づけられる。 桜を教育にたとえると、どこにあろうが、価値のあるものは場所を選ばないということだろう。 地方から教育でイノベーションを起こす。21世紀の松下村塾みたいに。 山口県の萩から2人の内閣総理大臣、5人の国務大臣を輩出、それもわずか13か月の教育で。教育にかける時間と効果に因果関係なし。 専門職短期大学の開設を目指す者として、松下村塾は大きな目標だ。

自信を持て、という前に。

今どきの若者にいちばん足りないもの。
それは、ズバリ、自己効力感。
自己効力感とは、根拠のない自信。
小さいころにはみんな持っていたのに。

赤ちゃんを思い出すと納得できる。
赤ちゃんは自己効力感の塊です。
無知で無能で無力。なのに根拠のない自信家。

赤ちゃんがもしも喋れるとしても絶対に言わないひと言がある。
それは、「ボク、やったことがないので自信ありません」の泣き言。

だって、赤ちゃんはすべてが初体験。やったことがないことしかない。
なのに、「やったことがないから無理」とは絶対に言いません。

皆、持っていた自己効力感。それが大きくなるにつれて喪失してきてしまった。
だけど自己効力感は取り戻せる。
そのために大切な儀式がある。
自信を持て、と若者にアドバイスする前に、やるべきことがある。
それは・・・。

自分を疑うこと。こんなもんじゃない。自分の限界を疑うことが先なのです。


そんなことを考えている私が今、取り組んでいるのが新しい学校の開設準備。
瀬戸内専門職短期大学のポームページは「ココ」です。

教育でイノベーションを起こす!

よそ者、バカ者、若者。
イノベーションを起こす人の3タイプだそうです。
だとしたら、私も、イノベーションが起こせるかも。だって2つも当てはまるのだから。
若者、という点を除けば。

というわけで、うどん県ならぬ香川県に単身赴任中のよそ者。
お酒が苦手で読書好き。おかげで少しは地頭も鍛えられたが、本来はバカ者。
専門学校で30数年、若者を見続けてきた私が考える教育による地方創生論。

教育でイノベーションを!
2020年4月に開学を目指す、「瀬戸内国際専門職短大」の開設準備室長としての日々をレポートする。

大人になって失ったもの。成長実感と自己効力感。
いや、待てよ。たしかに身体はもう大きくならないけど、頭と心は大人だって成長する。
赤ちゃんの頃に皆にあった自己効力感を取り戻せ。
それさえあれば、人生100年時代も生き抜ける。それを若者たちに伝えたい。

瀬戸内専門職短大のホームページは「ココ」から。