桜満開の今、気づいたこと

桜満開の今、気づいたことがある。
東京で見た桜も、高松で見る桜も同じだ、ということ。
都会に咲く桜も、地方に咲く桜も美しさに差はないという事実。
何だか勇気づけられる。
 
桜を教育にたとえると、どこにあろうが、価値のあるものは場所を選ばないということだろう。
地方から教育でイノベーションを起こす。21世紀の松下村塾みたいに。
山口県の萩から2人の内閣総理大臣、5人の国務大臣を輩出、それもわずか13か月の教育で。教育にかける時間と効果に因果関係なし。
 
専門職短期大学の開設を目指す者として、松下村塾は大きな目標だ。

コメント

このブログの人気の投稿

瀬戸内専門職短大のCIが決まりました

質問力を鍛える

自分の頭と心を作ってきたもの